個性と勘違いされやすパーソナリティ障害|行動がおかしい人は相談へ

医者と看護師

精神疾患の特徴

微笑む女性

障害のタイプを理解する

パーソナリティ障害は、健全者とは違う反応、あるいは行動が特徴となる精神疾患の1つですが、現在、パーソナリティ障害に関する原因やフォローなど、様々な情報提供数が少なく、障害として周知されにくい疾患としても問題視されています。認知や感情のコントロール、さらに衝動的な行動や対人関係など、パーソナリティ機能の偏りが見受けられるものの、知っておきたいのが、性格が悪い意味を持つ障害ではない点です。思春期から成人期となる時期に徴候が現れますが、障害と一口に言ってもタイプが異なるため、まずはメンタルクリニックに相談し、タイプチェックが必要となります。例えば、奇妙で風変わりとされるタイプ・感情的で移り気なタイプ・不安で内向的なタイプなどに分けることができます。特に周囲のサポートが重要視されているのが、統合失調型となるパーソナリティ障害であり、その症状となる内容は、会話が風変わりであり、感情の幅が狭いために疾患とは思われず、言動や行動などにおいて、若年者の場合には外出先で保護されるケースも実情として挙げられています。衝動的な行動に移りやすいタイプの場合には、常にサポートできるパートナーが必要となる他、衝動的な行動を抑制できるコントロール法を身に付けることにより、障害を抱える本人も周囲も安心できるテクニックとなります。

治療期間の長さ

パーソナリティ障害で注意すべき点となるのが、他の精神疾患を招きやすい特徴があり、合併した状態で精神科などのクリニックに訪れるケースが増えている点です。治療期間も合併した分だけ長期となりやすく、障害を抱える本人をはじめ、医師やカウンセラー、家族と問題点を認識し、対策や改善策をライフスタイルを踏まえて進めることが必要となります。さらにパーソナリティ障害は治療中など、経過を観察している間にも変化するなどの特徴があり、長期にわたって本人と治療者が協力し続けることが必要となります。障害を抱える本人を含め、周囲の環境のどんなことが問題になっているのか、症状の緩和だけではなく、周辺環境までを掘り下げた内容でも治療を進めることが必要です。この障害は、回復へ向けた変化はなかなか得られず、長期間にわたり本人を苦しめる精神疾患であるものの、生物学的特性をはじめ、発達期の苦難体験などが関連しているなど、原因も解明されはじめています。さらに、若年者の場合に症状が重いものの、成人し、年齢とともに徐々に軽くなることも報告されています。しかしながら、治療や本人の状態などによって、回復期の早い・遅いなどがあるため、目安と捉えることにも気を付けたい内容です。