個性と勘違いされやすパーソナリティ障害|行動がおかしい人は相談へ

医者

治療で完治する神経疾患

思い悩む

周囲の理解が必要な病気

人には色々な性格があり、他人とは違う変わった行動をする場合もあります。そのような性格的なものと勘違いしやすい病気に、パーソナリティ障害があります。この病気は他の多くの人と違う反応や行動をすることにより本人が苦しんでいたり、周囲の人間が迷惑を被っているケースです。性格的なものでは本人が苦しんだり他人に迷惑をかけたりすることはないので、その点がパーソナリティ障害との違いです。なぜパーソナリティ障害になるのかというと、ものの考え方や感情、衝動的な感情のコントロール、対人関係などに必要なパーソナリティ機能が極端に偏っているからです。注意が必要なのは、性格が悪いという決めつけをしないことです。またパーソナリティ障害で注意が必要なのは、他の精神疾患を引き起こしやすいという点です。他の精神疾患で苦しんでいる人で、実はその背後にパーソナリティ障害があるというケースはとても多いのです。パーソナリティというのは個性という意味ですが、パーソナリティ障害の場合はそのような個性とは意味合いが違うのです。ですから性格や個性が悪いとか、人間的に劣っている病気だというような考え方をしないように注意する必要があります。周囲の理解がないと、悪化してしまうのです。

年齢と共に快復する可能性

パーソナリティ障害にはいくつかのタイプがあって、それぞれに特徴があります。主に3つのタイプにわかれますが、そのタイプの中でも表れる障害が違ってきます。奇妙で風変わりなタイプには、不信感や猜疑心が特徴の妄想性パーソナリティ障害、非社交的で他者への関心が乏しくて会話が風変わりな統合失調型パーソナリティ障害があります。感情的で移り気なタイプには、感情や対人関係が不安定で衝動的な行動が特徴の境界性障害、自己評価にこだわり傲慢で尊大な態度をとる自己愛性障害、反社会的で向こう見ずな行動をとる反社会性障害、他者の注目を集めるために派手な外見をしたりする演技性障害があります。不安で内向的なタイプには、孤独に耐えられなくて他者に過度に依存する依存性障害、融通性がなくて一定の秩序にこだわる強迫性障害、自分にまつわることで不安を感じて緊張しやすい回避性障害などがあります。この中で病院の診察を受けるケースが最も多いのは、若い女性の境界性パーソナリティ障害です。この障害は自殺未遂や自傷行為を行うので、救急車によって運び込まれるケースが多いのです。最近の研究では、年齢と共に徐々に快復することがわかっており、適切な治療をすれば回復が早くなるのです。

話題の人格障害

草原で座る女性

パーソナリティ障害は本人の性格や育ってきた環境の影響が大きい障害です。この障害の治療では周囲の理解やサポートが必要となります。最近の精神科や心療内科のクリニックでは家族相談などを設けており、利用をすればスムーズな治療が可能です。

View Detail

性格的な障害を持つ人たち

困る女性

パーソナリティ障害の人は、ストレスや幼少期からの環境の影響もあり、さまざまな問題行動を起こしがちです。その行動内容や原因も種類に分類され、医療機関で治療をしていくことができます。精神面での医療の発達から、こういったパーソナリティ障害の人でも改善に向かうことができるので、その効果が期待されています。

View Detail

精神疾患の特徴

微笑む女性

自己に関連する不安や緊張が生じやすく、感情のコントロールや怪しい行動などが目立つのがパーソナリティ障害の症状の特徴です。障害を抱える本人と、サポートする医師や家族との協力により、完治できる障害として知られています。

View Detail

ゆっくり治しましょう

笑顔の医者

家族など身近な人や自分自身がパーソナリティ障害ではないかと疑う場合は精神科を受診して正しい診断を受けましょう。治療は投薬やカウンセリングなどの心理療法がメインです。妊娠中など投薬ができない方はカウンセリングだけで治療を進めることもできるので医師に相談してみましょう。

View Detail